FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボツネタ6

久しぶりのボツネタでございます。
更新の方も凄く久しぶりです。あまりに久しぶり過ぎて、パスワードを忘れてしまっていました。
慌ててメモ帳を探しましたが、見つからず、仕方なく要請したら、直ぐに届きました。
FC2は良く出来たシステムです。


短いうえに途中から始まり、途中で終わる明らかなボツネタですが、よろしければ続きを読むよりどうぞ。
アリアバートもタイタニアなんですよって話が作りたくて挫折したネタです。



タイタニアの寛容



「知られてはいないが、タイタニアは意外と寛大だ。」
それを、彼らは許しの言葉と理解した。
いや、理解したかった。
「怒り、嫌悪、憎しみ、恐怖。タイタニアに対するそれらの感情は、行動に伴わぬ限りすべて許容する。
いちいちそれらにかまっているほど、タイタニアは暇ではないからな。」
それでは彼らは許されるのだろうか?いや、彼らの動機は怒り、嫌悪、憎しみ、恐怖から来るものではなかった。
ああ、
だがしかし、
今、当に彼らの頭を占めているのは確かに恐怖だというのに。
「だが、侮りは許さない。タイタニアが許さないということは、それは宇宙に存在してはいけないということだ。わかるな?」
アリアバートは、美しいといわれる割に評価の低い美貌を、その評価が覆るほど凄惨に微笑の形に歪めた。
それは正しく最終宣告であった。





  後書

メモ帳に残っていました。
最初ここだけ思いついて、話を膨らませようと思ったら全然膨らまなかったので、いつか思いついたら書こうとメモ帳に放置していたのでした。
今思い出しても全然設定とかが浮かばないのであきらめました。
「彼ら」は、多分アリアバートを侮辱したんじゃないでしょうか。最初の頃はそんな感じで話を作ろうと考えていたんじゃないかと思います。

コメント

Secret

プロフィール

どろやま

Author:どろやま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。